基礎代謝が落ちやすい季節とは

ダイエットしやすい時期があるってホント?

普段から運動不足気味で体型の崩れが気になる人にとってはダイエットは年間を通しての課題となります。

中でもこれから薄着をすることが増える夏前の時期などは少しでも体を引き締めておきたいと思うことでしょう。

逆に厚着をする機会が増える秋口や冬場では、どうせ誰も見ないからとつい体重や体型に無頓着になってしまいがちです。

しかし人の体というのは難しいもので、そんな本人の都合はお構いなしに体重が落ちやすい時期と落ちにくい時期とが決まっていたりします。

ダイエットしやすい時期というのは言ってみれば一年のうちでもっとも代謝力が高まる時期のことで、同じカロリー量を摂取しても比較的早くにエネルギーに変換してくれます。

逆に年間でも代謝が落ちやすい時期には食べたものがそのまま脂肪となって体に残ってしまったり、一生懸命体を動かしてもうまく体を引き締めることができなくなったりします。

感覚的にはじっとしていても大量の汗をかく夏の方が代謝量が高く、寒くて体を動かすのが億劫になる冬の方が代謝量が低くなるように思えます。

しかし実際には全く逆で、年間を通して最も代謝量が落ちるのは夏場、代謝が活発になるのは冬場であるとされています。

代謝量は熱を作るときにより高くなる

なぜ夏と冬とで代謝量が変わってくるかというと、それは体が作り出す熱の量が異なるからです。

食べ物の栄養分を表す単位として「カロリー」が使われますが、これは別名「熱量」と言われるようにそれを食べることで何度熱を高めることができるかということで計測されています。

夏にはものを食べてからそれを体内でわざわざ熱に変えなくても十分の暖かさが外気によって保たれているので、食べ物から熱エネルギーを作り出す必要がなくなります。

反対に冬は食べたものをすぐにでも熱に変えて体温を高めていかないと外気によってどんどん体温が奪われてしまいますので、必然的に食べたものをエネルギーに変える力が強くなります。

ですので同じ運動をするにしても「ちょっと肌寒いかな」と思えるくらいの環境でやった方がより体内の代謝量が増えやすく多くのエネルギーを消費することができるということになります。

しかしそれなら冬はいくら食べても大丈夫なのかというと決してそういうわけではありません。

「正月太り」といった言葉もあるように、寒いからといって動かずじっと温かい室内に居続けてしまっては代謝量も何もなくどんどん体重が増加していくことになります。

冬の寒さは度が過ぎてくると血行を悪くし冷え性やむくみの原因になってきます。

これは逆に体内の代謝量を落とすことになってしまいますので、代謝を上げようとして無意味に薄着になったり寒い部屋で過ごすというのは全く意味がありません。

何事もバランスよく、年間を通して平均的に運動をしていくということこそが健康的なダイエットの一番のコツといえます。