賢く快適に暮らすためのリノベーション事例紹介

こだわりのマンション生活なら中古物件がおすすめ

都内など都市部で生活をしていく時にはマンションへの入居が便利です。
将来のことを考えて持ち家をしたいと思った時には、新築・中古、戸建て・マンションという複数の項目の中から選んでいくことになります。
最も自分の理想に近い住宅を作ろうと思うならそれは新築住宅を設計段階から作るということになりますが、既に人口密集が極限にまで進んでいる東京都内においては戸建住宅を建てるための土地を確保するのは困難です。
すると必然的に郊外のお手頃な値段の土地を探すことになりますが、いくら理想の住宅を作っても毎日の通勤通学に数時間もかかるような場所では自宅にいる時間も短く余裕のあるライフスタイルを送ることができません。

ここ最近では、バブル期に大量に作られたマンションが中古として空き物件化していたり、古い住宅をスクラップ&ビルドして新しいビルにするという動きが進んでいることから、都心部ではマンション物件への入居者募集が増えて来ています。
新築マンションもどんどん建てられていますが、価格面で有利なところを探すとなるとやはり中古物件が優先になります。
中古マンションの場合、既に設備や内装が陳腐化していることもあるので、大抵は入居前にリフォーム工事をするものですが、このとき大規模な改修をかけることでまるで新築戸建てのような自由な設計をすることもできます。

そんな大規模リフォームのことを「リノベーション」と言います。

中古マンションのリノベーション事例

中古マンションをリノベーションするといっても、おそらくほとんどの人は実際にどのような変化があるかということをすぐにイメージするのが難しいかもしれません。
ですので、まずは実際の事例をいくつか紹介致します。
リノベーション事例

引用元>>リノベーション(中古マンション)ならリノべる。
https://www.renoveru.jp/

こちらのサイトは物件選びとリノベーション工事を一緒に受注してくれるリノベーション専門業者で、既に全国で多数の物件を扱ってきた実績があります。
過去に行ってきた工事の例として、それまでの間取りを大きく変更して広いリビングキッチンスペースにしたり、対面キッチンやホームバーのカウンターをつけたりといったものがあります。
子供やペットと一緒の家庭の場合にはそれらに対応できるような特別な設備をつけたり、独特の壁紙や内装を使用していたりもします。

新築のマンションの場合にはどうしても各戸の間取りや設備は完成された状態からの販売になってしまうので、自分が欲しい設備を最初からつけるということが難しいのですが、リノベーションならそこに住む人の生活スタイルに一番必要なものを自由につけていくことができます。

中古物件選びからリノベーションは始まっています

リノベーションという方法自体はここ10年くらいで急速に広がってきた改築方法です。
そのため詳しい人は先にお得な中古物件をおさえておいて、自分で工事をする業者を探すという方法もとっているようです。
しかし、注意をしてもらいたいのが、全ての中古物件に全く同じリノベーションをすることができるというわけではないということです。

リノベーションではキッチンやバスルームといった水場を大きく変更することも多いのですが、このとき排水管やガス管といったものの元からの配置によってはかなりできることの範囲が限られてきます。
どこまで配置の変更ができるかということは壁や床の厚さ、共有部分の構造など複雑な事情が関係してきます。
理想のリノベーションを実現するためには自分がほしい設備工事ができる物件を選ぶところから始めないといけません。

業者を選ぶ場合にはそこまで考え、できるだけ物件の手配と工事を一元的に行ってくれるところを選ぶ方がよいでしょう。