リノベーション時のトラブル対策方法

実は増えているリノベーショントラブル

リノベーションをすることへの憧れを持っている人は増えています。
家を購入するにあたり、新築一戸建ては難しかったとしても中古なら手が届きそうだという人は多いものです。

そのような人たちはすでに出来上がった物件を購入するために、多少なりとも不満を抱えた上での入居となることが多いものです。
古いということや誰かが先に入居したためにある汚れが気になったり、設備の面で最新ではないために少しの使い勝手の悪さを感じたりということがあり、それをリノベーションをすれば改善できて新築以上の価値のある物件へと変えることができることもあるため、多くの人がこのような中古物件を購入してからのリノベーションへの憧れを持つのです。

しかし、リノベーションをすることでトラブルに巻き込まれたケースというのは増えています。
家を新しくするということは期待が高まり気分も高揚しがちです。
そうすると冷静な判断ができなくなり、トラブルに巻き込まれていることに気づかないことも多いのです。

ですから、事前にどのようなトラブルがあるのかを知っておき万が一の時に自分が当事者とならないように知識を入れておくことが重要です。

リノベーションで起きがちなトラブル

まずはずさんな見積もりが挙げられます。
多くの場合、工事の前に必要な工事内容とそれにかかる費用というのは見積もりとして提示がされます。
その見積もりの内容に必要以上の工事費用が請求されていたり、後から工事を追加して見積もり以上の費用を請求するというケースがトラブルとして増えています。

補修の必要のない箇所についても工事が必要と思わせるような嘘の報告をしたり、他の家の破損した部分の写真を見せてさも自分の家に破損個所があり補修が必要かのように見せるようなトラブルが起きています。
それ以外にも、工事を始めて予定していた工事ができないので追加の工事が必要と伝えてきたり、見積もりよりも状況が悪いので工事内容を変更する必要があると伝えてくるケースもあります。
このようなものは工事が進んでいる状態で提示がされるので断れないという問題があります。

他にも契約をして契約金や手付け金といった最初に支払う金額を振り込んだらそのまま業者と連絡がつかなくなるようなケースもあります。
工事をした後で不具合が出てきたり、それについての補修が行われなかったり、アフターケアがすべて有償対応であったりということで揉めるような契約書の内容の確認不足と相手側の契約内容に不均衡があることで起こるようなトラブルもあります。
そのため、見積書や契約書については深く確認をすると同時に、依頼先の業者の評判については確認をしておくことが重要です。