驚愕の事実!残業は効率低下につながるらしい!

残業時間の長さは作業効率にはつながらない

日本企業独特の風習として諸外国から奇異に思われている習慣の一つが「過労死」です。

「過労死」はそれに該当する言葉がないために英語で「karoushi」という言葉ができるほど衝撃的なものでした。

なぜ諸外国では理解ができないような観念が日本では当然のことのように扱われるかというと、「滅私奉公」のように自分を捨てても使える場所に命を捧げるという生き方が美徳とされてきた歴史があるからです。

しかし研究によりそうした滅私奉公的長時間労働はむしろ労働効率を落とすということがわかってきました。

労働時間が長くなるほど同じ時間内でできる仕事の量は減る傾向になるため、それがますます長時間の拘束につながってしまうという悪循環です。

終わらない仕事は明日でもよいという考え方

日本国内の労働条件の劣悪化というのは簡単に一つの原因によって起こるものではなく複雑な社会問題がからみあってできているものです。

ですが会社運営ということだけで着目して見れば残業時間の増加は作業効率が下がるばかりでなく、社内にいることによる光熱費やセキュリティのための費用、人件費の増加といったようによくない影響ばかりが及ぼされてしまいます。

その日のうちに終わらない仕事を片付けてから帰りたいという真面目な気持ちはわからないでもないのですが、案外早めに切り上げて帰り、翌日早く来て朝一でやってしまえばものの数十分で片付くなんてこともよくあります。

残業時間削減は結果的に経営者にとってプラスになりますので、ぜひ本格的に多くの企業に取り組んでもらいたいです。